私は、導入美容液は、季節に合わせて使い分ける派です。その理由は?

導入美容液で綺麗を目指す導入美容液

導入美容液はこれまでいくつか使ってきましたが、季節に合わせて使い分けるのが私には合っているみたいです。

毛穴の詰まりが気になる夏の時期にはクレイ状の洗い流せるものや、刺激が心地良い炭酸泡の導入美容液などが気に入っています。

また、乾燥肌なので春や秋には肌に潤いを与えてくれるミルクタイプのもの、さらに乾燥する冬にはオイルタイプのものと使い分けています。

拭き取りタイプのものも一度だけ使ったことがありますが、アルコールが添加されていて肌が乾燥してしまったので、乾燥肌の人には不向きのようです。

そもそも私が使って思った導入美容液の存在

導入美容液というアイテムがあるのを知ったのは数年前です。

ちょうどお肌の曲がり角を迎え、化粧水の浸透力がダウンしたのを感じていた頃だったので、試しに購入することにしました。

化粧水の前につけることで化粧水がぐんぐん肌へ浸透していくのを実感することができ、肌のキメを整えるということがいかに大切かということを体感しました。

肌のターンオーバーが活発だった20代の頃とは違い、30代半ばになるとアイテムの力を借りて肌を良い状態に保つことも必要だと思います。

導入美容液と化粧水の違いは?

潤いのある肌を保つためには、肌の角質層にどれだけ水分をキープできるかということになります。

硬く古くなった角質にいくら化粧水をつけても、成分は浸透することなく肌の上から滑り落ちてしまうだけです。

これでは高価な化粧水も台無しです。

化粧水をつける前に導入美容液というアイテムをプラスすることで、肌を柔らかくして水分の吸収力をアップすることができます。

導入美容液のおかげで化粧水が肌の奥まで浸透し、潤いのあるきめ細やかな肌を作ることができるのです。

導入美容液は、美容液とは違う!実際の効果は?

化粧水が肌に水分を与えるものならば、美容液は保湿や美白やしわ対策などのプラスワン効果を与えるアイテムになります。

水分も栄養素も肌の角質が硬く古い状態だと、奥に浸透することはありません。

導入美容液をつけることで、肌の角質を柔らかくして美容液の浸透力を高め、効果を十分に発揮させることができます。

導入美容液はその名の通り、他のアイテムが肌へ浸透するのを導くためのものであり、美容液は保湿や美白などそれぞれの肌の目的に特化しているという違いがあります。

導入美容液なら、エレクトーレがおすすめ!

エレクトーレトライアル|フェイストリートメントを3ヶ月〜3人が使った口コミまとめ
エレクトーレのフェイストリートメントを3ヶ月以上使っている3人が実感した本音口コミ。実感する使い方、使って毛穴は?今ならトライアルセットがお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました